日本語

便利屋のオーバーオール

破れたもの、使い古されたもの、さらには新品のものでも、一人ですべてを処理できるというのは、少し空想的ではありませんか?そう、この人は何でも屋だ。便利屋は、修理や小規模から大規模な作業を実行できる特定の人物です。これはあなた自身、または修理を依頼した他の人である可能性があります。しかし、主に便利屋とは、サービスや利益を提供するために雇われた人を指すために使用される用語です。

一方、 「日曜大工」は、自分の家事をしたり、家の中のものを直したり、自分や自分の手を使って修理したり、作ったり、作ったりすることを表す最も魅力的な用語です。はい、すべて自分で行うことができます。さまざまな修理やタスクを実行するための YouTube で多くのビデオやヒントを見たことがあるかもしれません。自分の中の怠惰な虫を追い払い、自分で物事を解決し始めましょう。

便利屋作業用オーバーオール

1 - 便利屋のオーバーオール

DIY に詳しい人なら、実用的で快適な服装の重要性を知っているはずです。 DIYには完全な集中力とリラックスした心が必要だからです。冷静で冷静な心だけがアイデアを生み出すことができます。これは、自分の服装に満足している場合にのみ発生します。これが、DIY愛好家がオーバーオールを着るのを好む理由です。

便利屋は通常、オーバーオールを着て仕事をします。便利屋のシンボルや作業服のようなものです。生地は綿が多く、丈夫で耐久性に優れています。

なぜオーバーオールなのか不思議に思っているはずです。便利屋のダンガリーは、どんな場面でも快適に過ごせるように通常はルーズカットで、 よだれかけの中央ポケットやその他多くの便利な収納スペースが付いています。

また、便利屋は手袋、ヘルメット、安全靴を着用しなければなりません。オーバーオールは一連のドレスコードの一部です。特定のジャケット、作業用エプロン、ツール ベルトを購入する代わりに、それらすべてを有名なカバーオールと組み合わせることができます。

特大のポケットはオーバーオールの主な拡張部分です。ペンチ、ハンマー、ナット、ボルトなどのさまざまなツールを配置できます。時間を節約でき、すべてのツールを手元に置いて簡単に作業を行うことができます。当社の作業用オーバーオールには、ハンマーやペンチを掛けられるループも付いています。

DIY オーバーオール

2 - なぜ便利屋にオーバーオールが必要なのか?

これらは仕事中に着るのに最適な服装です。 DIY 愛好家、画家、エンジニア、業界で働く人々にとって、このオーバーオールは不可欠なツールです。ゆったりとした形状により、DIY ユーザーはトイレ、シーリングファン、メンタルシェルフの固定、タイルの敷設、腰をかがめて簡単に移動しながら快適に作業できます。便利屋が実行できるタスクは数多くあります。

- タイルを敷く

- キッチンのパイプを修理する

- ライトを修理する

- バスルームまたはキッチンの部屋の改修または改造。

- 動作しないものをすべて修正します

- 壊れた窓やドアの修理

- カーペットを敷く

これらすべてを自分で行うこともできますが、何らかの理由でそれができない場合は、専門家を雇う必要があります。彼らは作業服について私たちに意見をくれましたが、これは彼らにとって見逃せない真のプラスであり、次のような利点があります。

- 履きやすいです

- 快適です

- それはプロ意識の表れです。

- 単独で着用することも、衣服の上から着用することもできます。

- あらゆる油汚れやその他のこぼれに耐えます。

また、腰に掛ける道具が必要な場合はベルトを着用すると便利です。

照明器具を修理していると想像してください。あなたははしごの上にいて、仕事をするために腕を伸ばしています。または、キッチンの排水溝を直すためにかがむこともあります。したがって、どのような仕事をする場合でも、全体的に見て、仕事を効果的に行うための柔軟性が得られます。

これらすべての理由により、オーバーオールは日曜大工にとって最高の装備となります。

DIY用オーバーオール

3 - DIY オーバーオール

男性が修理の達人であるように、女性もさまざまなものをいじるのが得意です。女性にとって、ダンガリーは単なる作業着ではなく、ファッションの象徴にもなります。

家で自分でできないことは何ですか?自分で衣装を作成することもできます。私たちは、その類まれな魅力を持つこの衣服に情熱を注ぐお客様の 1 人から、彼女の身に起こった経験を私たちに教えてくれました。彼はアパートのインテリアをやり直したいと思っていましたが、それに適した衣装を持っておらず、ワードローブを傷つけたくなかったので、オーバーオールをすべての便利屋にとって完璧なツールにする要素を引き継ぎました。その方法は次のとおりです。

1 - 必要な材料を購入します。

作業服を着るために必要な材料をすべて購入または集める必要があります。必要がある :

- 布または古いジーンズ

- 従うべきモデル

- セロハンテープ

- ハサミ

- 重いミシン

- 縫い糸

- ボタン

- ループ

- チョーク

ほとんどのものは家で入手できるので、何かを買うために店に行く必要はありません。生地にはデニムが最適です。

2 - 行動を起こす:

体のさまざまな角度から測定し、紙に書き留めます。古いジーンズを使用している場合は、脚の寸法を除外できます。

3 - パターンをカットします。

さまざまなパターンが市場で入手可能です。好きなものを選んでください。パターンに関するすべての指示を読んで従ってください。測定値に従ってパターンのカットを開始します。

4 - 縫製を開始します:

パターンのカットが完了したら、パターンを生地の上に置き、縫い代のために余分な0.5インチを残して生地をカットします。生地のパーツを縫い始めます。スーツの足とウエストを裾上げする必要があります。腹甲の部分を腰の側面に組み立てます。表と裏でこのプロセスを繰り返します。オーバーオールの重要な要素であるポケット。オーバーオールの両側にポケットを追加することを忘れないでください。

5 - ストラップを組み立てます。

よだれかけの前側をダンガリーの後ろ側に固定する長いストラップを作ります。ループをよだれかけに縫い付けることができます。生地の前面にもボタンを縫い付けます。これらが基本的な手順です。その結果はあなたを驚かせるでしょう。あなた自身がやったのです。試着して鏡でサイズを確認してください。

ウエストのサイドにボタンを付けると、よりエレガントになります。スーツの色もとても重要です。生地の色は自由に選択できます。この物語は、これらのオーバーオールの作成の背後にある先見の明のあるリヨン人、アドルフ・ラフォンの物語です。これを念頭に置き、この衣服の実用的で快適な側面に従って、当社の作業用オーバーオールはそれぞれの便利屋、専門家、日曜労働者向けに完璧にデザインされています。大切なのは、楽しみながらこの10本の指を占有することです。

結論

プロジェクト、修理、改修を自分で行うか、便利屋を雇いたい。全体として、あなたがいじったり、この作業を担当する専門家がオーバーオールを着ていない場合、それは彼が快適に作業できないためであるため、できるだけ早く彼に最適な作業服をアドバイスすることが重要です。家事以外にも、多くの業界でもこのオーバーオールを着用することが好まれています。再利用可能で簡単に洗えます。

作業用オーバーオールの作成

Laissez un commentaire
Veuillez noter que les commentaires doivent être approuvés avant d'être publiés.