日本語

オーバーオールとカバーオール - 仕事に最適なツール

オーバーオールとカバーオールという2 つの用語が頻繁に会話の流れを交差させますが、実際には、これら 2 つの用途は同じではありません。逸話が私の主張をよりよく説明します。

中学生のとき、彼女にスカートとワンピースの違いを尋ねました。彼女は親切にも、ドレスは肩から始まり、スカートは腰から始まると説明してくれました。

このブログでは同じトピックを扱いますが、カバーオールとオーバーオールに関して、各カテゴリー内の違いを分析し、それぞれに最適な用途を取り上げます。

まず、この 2 つの違いを理解する必要があります。

1 - ジャンプスーツとオーバーオール

ジャンプスーツとオーバーオールを区別する違いは、スカートとドレスを区別する詳細とそれほど変わりません。

これらの衣服は、カバーオールとオーバーオールの同じイベントや職場に登場しますが、カバーオールはオーバーオールよりも身体をより多くカバーします

本質的な違いは、建設現場でミスをすると、通常と同じ快適さが得られず、機能も同じではなくなる危険性があるということです。それぞれに異なる特徴があることに注意することが重要です。たとえば、すべてのジャンプスーツが、実際にはより多くの生地を使用したオーバーオールであるわけではありません。

心配しないで。これは後ですべて意味がわかります。

カバーオールと作業用オーバーオール

2 - オーバーオール

この 2 つのうち、よりトレンディなオーバーオールは、すべてをカバーするわけではないかもしれませんが、すべてをカバーする傾向があります。ジャケットとは別に、下着、防寒着、靴下、さらには 20 世紀初頭の労働者の場合のように他のズボンの上に着用することによって、最後に着用されます。

本質的な違いは肩のレベルにあります。オーバーオールでそれらを覆うことは決してありませんし、各肩に掛ける単純な頑丈なサスペンダーでそれらを所定の位置に保持することもできません。

オーバーオールの利点の中で、ベルトがないこと、飛沫から身体の大部分を保護できること、さらには難燃性モデルの場合は火からも保護されることが挙げられます。言うまでもなく、建設現場でこれらのツールを保管できる実用的な場所が複数あるように設計されています。通常、追加のポケットだけでなく、胸を覆うよだれかけのおかげで、実物よりも大きなポケットもあります。

オーバーオールのデメリットは、着脱の「難しさ」です。いつも簡単に滑りますが、抜け出すのは人によって異なります。トイレの緊急事態において、狭い空間でオーバーオールを着て苦労することは、それ自体が悪夢となる可能性があります。しかし、ジッパーはこの不便さを克服するように設計されていますので、ご安心ください。

ファッションの観点から見ると、オーバーオールは職場で常にジーンズほどよく着られるわけではありませんが、流行は移り変わります。年によっては、オーバーオールがナイトクラブや最大のファッション ショーのキャットウォークでデビューすることもあります。独特の魅力を持つこの衣服は常に驚かされます。

オーバーオールのもう 1 つの利点は、胸のすぐ下に 1 つ以上のポケットがあることが多いことです。これらのポケットは、数例を挙げると、計画書、工具、携帯電話など、必要なものすべてを収納するのに最適です

ポケットと言えば、ほとんどのオーバーオールには 1 人で使用できるより多くのポケット ( 5 ~ 8 個)があり、さらにハンマー ループも付いています。このような理由でダンガリーがファッショナブルではないのは不思議です。なぜなら、ダンガリーは人々に荷物を収納するのに十分なスペースを与え、主張すべきモダンなスタイルを提供するからです。

作業員用オーバーオール

3 - 組み合わせ

名前が示すように、ウェットスーツは体のより多くの表面積をカバーします。差別化のキーポイントはやはり肩にあります。つまり、ウェットスーツはすべてをカバーするので、それらをカバーします。

一部のスーツは半袖バージョンで提供され、その他のスーツは長袖バージョンで提供されます。ほとんどの雇用主は、出勤する際に少なくともオーバーオールまたはつなぎ服と T シャツを着用することを義務付けています。

ダンガリーとカバーオールには断熱バージョンがあります。それぞれの難燃バージョンを見つけることができますが、2 つの中でより優れた断熱性を備えているのはカバーオールです。

この組み合わせの欠点は、機動性の点です。足首から肩まで一枚の制服に縛られているため、つなぎ服を着ていると窮屈に感じる人もいます。現在のほとんどの組み合わせでは、着用者が動かなければならないことが考慮されていますが、一部の組み合わせは依然として制限的です。

自分の好みを判断するには、決定する前に、各組み合わせの例をいくつか試し、できる限り詳細を調べてください。見た目はスマートになりますが、仕事中に窮屈に感じるよりはマシです。

最後に、ほとんどのウェットスーツのフロントポケットはオーバーオールのフロントポケットとは異なります。ダンガリーのよだれかけポケットとは異なり、ダンガリーの胸ポケットはボタンダウン シャツのポケットに似ている傾向があります。そして、スタイルに関して言えば、ジャンプスーツにはオーバーオールから学ぶべき点があると言えます。

クラフトマンジャンプスーツ

4 - 作業用オーバーオール

歴史的に、鉄道業界の汚い環境のため、 鉄道労働者はオーバーオールを着用していました。しかし今日では、仕事全体の典型はプロの塗装業者か便利屋のどちらかにかかっています。

これが自分にとって正しい選択かどうかを判断するには、自分の仕事の性質を考慮してください。物を運ぶには体に物を押し付ける必要がありますか?

作業中、保護されていない場合、液体や物体が飛び散り、衣服が傷んだり損傷したりする可能性があります。現代の画家がオーバーオールを愛用しているのは、オーバーオールを着ると、理想的な動きやすさを実現しながら、濡れた塗料に対して着用しない場合よりも保護できるためです。もちろん、まともな画家なら誰でも、優れた画家はオーバーオールに絵の具を付けず、伝統に従ってオーバーオールを着ていると言うでしょう。おそらくですが、万が一に備えて、着用者のお腹、胸、背中を保護します。

これが、作業服が着用される環境で働く多くの人が、職長、管理者、請負業者、その他の役割に関わらず、伝統的に労働集約度の低いオーバーオールを着用することを選択する理由です。

かさばりすぎず、オーバーオールは自分が何をしているかを知っている人の外観を完成させます。

モダンなワークオーバーオール

5 - 作業用カバーオール

言い換えれば、肩から足首までを保護する必要がある人にはスーツが必要です。身を守るための脅威は油から火まで多岐にわたり、凍てつく寒さも含まれる場合があります。化学、電気、危険物の分野で働く人にも同じことが当てはまります。

多くの工場では、その逆よりも、従業員から製品を守る手段としてスーツを使用しています。このような場合、工場ではCEO以下全員がスーツを着用することがよくあります。ほとんどの企業では、これは必須のPPEの一部となっています。

軍隊、特に海軍は制服の一部としてスーツを着用しますが、それはさらに奥深い宇宙にまで及びます。宇宙飛行士の制服はスーツです。国際宇宙ステーションの外で着用される宇宙服も一種の先進的なスーツです。

そうは言っても、日曜日の朝に家に着て帰るだけなら、誰もがジャンプスーツかオーバーオールのいずれかを所有する必要があります。良いスリッパと美味しいコーヒーがあれば、これ以上望むものはありません。

宇宙飛行士のオーバーオール

Laissez un commentaire
Veuillez noter que les commentaires doivent être approuvés avant d'être publiés.