日本語

ベージュ ダンガリーは単なる色ではありません。

今度は、特定の色合い、つまりファッションの世界で基準としての地位を確立しているモダンなニュートラルカラー、ベージュについて話しましょう。

偉大なファッションデザイナーの各ファッションショーのキャットウォークに登場し、常に独創的で卓越したエレガンスを備えたルックスに、新しいテクスチャーとクラシックなテクスチャーを備えたさまざまなトーンで出会うことができます。

オーバーオール ベージュ

1 - ベージュ色とは何ですか

ベージュは、クリーム色から淡い黄色がかった色の間で変動するさまざまな色を表します。フランスでは、この色は 1850 年から存在しており、漂白も染色もされていない天然ウールを指していました。徐々に、この「ベージュ」という用語はモリエールの言語に定着し、その後フランス全土で民主化され、その後イギリスや他のヨーロッパ諸国に引き継がれました。この成長は、作家エドモン・ド・ゴンクールの小説「エリサの女」のおかげです。

19世紀初頭、エクリュという用語は、現在ベージュと呼ばれているものに似た色合いを連想させ、特に羊毛商人にとって混乱を引き起こしました。他の色は、カーキ、バフ、アイボリー、オフホワイト、砂漠の砂など、ベージュと同一視されることがよくあります。インテリアデザイナーが今日私たちが知っている色を表す顔料を定義したのは20世紀半ばになってからでした。

1960 年代から、最初の電話とコンピューターは、私たちが知っているベージュに似た砂漠の砂の色で飾られました。この特別な色には、今でも一般の人々の精神が混ざり合っています。メイクアップ会社は、ベージュを明るい肌色から中間の肌色と解釈しています。これは現在でも最も一般的な定義です。

ベージュは仕事の世界に関連することが多く、特に印刷においては生成が難しい色です。必要なインクレベルが非常に低いため、誤って紫や緑が印刷されてしまうことがあります。それは私たちの周囲、特に建物のレンダリングに遍在しています。ベージュはミニマリストのファッションとデザインの定番です。

ベージュのオーバーオールを着て

ベージュの心理学: ベージュは、シンプルさと静けさを表す白よりも暖かい色合いです。地味で控えめであるという特徴があります。目立たず真面目なトーンで、静かでクリーンな印象を与えます。リスクを負わず、あらゆるシーンでシックなスタイルを可能にするベーシックカラーです。最後の段落では、ワードローブの他のアイテムと組み合わせてそれを強調する方法を説明します。

2 - ベージュ ダンガリー

ベージュのダンガリーは、この時代を超越したオーバーオールのキャンバスを飾る高貴な性格を継承しています。このオーバーオールはもともと、労働者や職人が快適で動きやすさを享受できる衣服を提供することで、日々の作業を支援するためにデザインされました。複数の保管スペースにより、最も人間工学に基づいた方法でツールをすべての現場に持ち込むことが可能になりました。また、この有名なオーバーオールには、下に着る服を汚さないようによだれかけの役割をするよだれかけが付いています。

プロの世界とファッションの世界とのユニークな出会いにより、サロペット ベージュが誕生したのは 1960 年代の終わりでした。この生成り色は、建物の壁やコンピューターの世界では非常に一般的です (最初のコンピューターと電話はベージュでした)。このような状況下で、ベージュとオーバーオールの関係が始まりました。ネットワーク アンテナ修理業者、建築家、技術者、さらには美しいシャツの上にこのベージュの胸当てを誇らしげに着ているエンジニアなど、多くの分野で見かけるようになりました。業界内での発展のおかげで、特に定義が難しいこの色は、私たちのワードローブに定着しました。私たちは皆、 バーバリーと、黒と赤のチェックが入った伝説的なベージュのトレンチ コートを知っています。この落ち着いた洗練された色合いを強調していないブランドを見つけることはほとんどありません。ハンドバッグやタキシードに見られるシックな慎重さを刺激します。

かつては鈍く退屈な色でしたが、今ではすっかりこのエレガントで高貴な評判に変わりました。他の色と同様、ベージュもすべての色合いにマッチするわけではないため、この色の独特の魅力を維持するには、慎重に服装を選ぶことが重要です。エレガンスと考え抜かれた作業服の間のニュアンスは完璧であり、それは配管工の作業用オーバーオールで見ることができます。

作業用オーバーオールのページ

3 - ベージュのダンガリーの着こなし方

非常に明るいまたは非常に濃いベージュ、シナモンまたは蜂蜜の冷たいまたは暖かい色調。頭からつま先まで同じまたは異なるトーンのベージュ、全体の外観を強調または弱めるワンピースベージュ。

上質な質感の全体的なベージュの外観は、エレガンスの象徴です。ウール、レザー、コーデュロイのブレザーは、見た目の残りの部分の雰囲気を決め、とても洗練されています。ベージュのパンツとベージュのスカートは、ミニマルなルックの賢いベースです。
以下はお気に入りの色に関するヒントです。
- 明るいメイクアップパレットでベージュのルックを着てください。普段メイクをしない人は、濃いめの口紅だけを選びましょう。
-アクセサリーで見た目をグレードアップ。
- 肌が色白の場合は、冷たいベージュの色合いを、肌の色が白い場合は暖かい色合いを選択してください。
- ベージュをさまざまな色合いや質感に合わせてください。たとえば、ビスコースとシフォンとレザー。

最良の結果を得るには、上から明るい色合いから始めて、下に向かって暗い色合いに進みます。
以下のような美しい組み合わせが可能です。
- 黒が?それでも白が
- 花柄、縞模様、市松模様、ヒョウ柄
- 暗い色
- ブルーともちろんグレー

ベージュはファッションゲームの主役にも、絶対的なワイルドカードにもなりえます。
どちらの使い方をしても、ベージュはシックで、現実的で、真面目です。ミニマルで素朴で、尺度、内なる強さ、穏やかさを表現します。優れた作品を求めるスカウトに見事に応えます。

ベージュのジャンプスーツ スタイル

Laissez un commentaire
Veuillez noter que les commentaires doivent être approuvés avant d'être publiés.